18歳選挙権を実現 さらに若者が活躍する社会へ
活動報告

イベント報告

【報告】英国スタディツアー報告会

-英国から考える日本の“子ども・若者政策”- 国際交流基金知的交流会議助成プログラム人材育成グラント助成事業      11月5日(土)に武蔵野プレイスで約50名が参加して実施しました。  参加者がグループに分かれてアイ …

メルマガ第28号 【直前案内】Rights英国スタディツアー報告会【転送歓迎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    NPO法人Rightsメールマガジン 第28号 2011年11月1日           http://www.rights.or.jp ━━ …

メルマガ第27号 【転送歓迎】Rights英国スタディツアー報告会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    NPO法人Rightsメールマガジン 第27号 2011年10月15日           http://www.rights.or.jp ━ …

【案内】英国スタディツアー報告会

-英国から考える日本の“子ども・若者政策”- 国際交流基金知的交流会議助成プログラム人材育成グラント助成事業   【内容】 1.スタディツアー報告 両角達平(NPO法人Rights理事、 内閣府子ども・若者育成支援推進点 …

子ども・若者育成支援推進点検・評価会議

 内閣府に子ども・若者育成支援推進点検・評価会議が設置され、両角達平理事が委員に就任しました。

【報告】英国スタディツアー第3回事前学習会

   6月25日(土)に7名の参加をえて実施しました。英国のユースサービスについて平塚眞樹さん(法政大学社会学部教授)の講演を受けて、参加者が質疑応答・意見交換しました。

【報告】英国スタディツアー第2回事前学習会

   6月11日(土)に16名の参加をえて実施しました。英国のシティズンシップ教育について蓮見二郎さん(九州大学法学部政治学専攻准教授)の講演を受けて、参加者が質疑応答・意見交換しました。

【報告】英国スタディツアー第1回事前学習会

   4月24日(日)に21名の参加をえて実施しました。EUおよび英国の若者政策・若者参画について宮本みち子さん(放送大学教養学部教授)の講演を受けて、参加者が質疑応答・意見交換しました。

【報告】スタディツアー国会報告会

       10月7日(木)に参議院議員会館で35名が参加して実施しました。  両角達平理事(大学生、YEC若者エンパワメント委員会代表)のスタディツアー報告、宮本みち子放送大学教養学部教授の問題提起と論点整理とつづき …

メルマガ第24号 【案内】Rightsスタディツアー国会報告会【転送歓迎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    NPO法人Rightsメールマガジン 第24号 2010年9月25日           http://www.rights.or.jp ━━ …

【報告】これからの“子ども・若者政策”は、これだ!

-Rightsスタディツアー報告会-      5月30日(日)に国立青少年センターで約50名が参加して実施しました。  前半は小林庸平副代表理事のビデオ上映を交えたスタディツアー報告、宮本みち子放送大学教養学部教授の問 …

メルマガ第23号 スタディツアー報告会&10周年記念パーティーのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    NPO法人Rightsメールマガジン 第23号 2010年5月1日           http://www.rights.or.jp ━━━ …

【報告】スタディツアー第3回事前学習会

   4月9日(金)の第3回学習会では、EUおよびスウェーデンの若者参加・若者政策について宮本みち子さん(放送大学教養学部教授)の講演を受けて、参加者による活発な意見交換を行いました。

【報告】スタディツアー第2回事前学習会

   3月6日(土)の第2回学習会では、スウェーデンの概論について高橋仁さん(松下政経塾政経研究所研究員)の講演を受けて、参加者による活発な意見交換を行いました。

【報告】スタディツアー第1回事前学習会

   2月21日(日)の第1回学習会では、スウェーデンの教育について澤野由紀子さん(聖心女子大学文学部教育学科教授)の講演を受けて、参加者による活発な意見交換を行いました。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人Rights All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.