18歳選挙権を実現 さらに若者が活躍する社会へ
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 神奈川県

タグ : 神奈川県

西野偉彦副代表理事の活動とコメントが読売新聞に掲載されました

副代表理事の西野偉彦副代表理事の活動とコメントが読売新聞に取り上げられました。 主権者教育 小中学生も力(読売新聞 2017年05月18日) 県教委がまとめ 教員向けに初の指針 主権者教育を推進するために2016年5 …

【自治体ランキング】子どもの割合が世界で最も低い日本。自治体別では新宿区もワースト17位…

子ども人数は2060年には半分になる 総務省が5月5日の「こどもの日」に合わせて、15歳未満の子どもの推計人口を発表した。 15歳未満人口は2016年度比で17万人減の1,571万人となり、36年連続の減少となった。 少 …

都議選と主権者教育①~「マイ争点」を考えよう~

18歳選挙権が適用される7月の東京都議選 今年の東京都議会議員選挙は6月23日告示・7月2日投開票です。各社の報道によると、自由民主党や公明党、民進党、共産党といった国政政党から、小池百合子東京都知事が実質的に率いる地域 …

15歳未満人口36年連続減1,571万人で最少に

総務省は、5月5日の「こどもの日」に合わせて、15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)を前年比17万人減の1,571万人で36年連続の減少となったと発表しました。 詳しくは、統計トピックスNo.101( http:/ …

神奈川県教委「小・中学校における政治的教養を育む教育」指導資料が完成!

国・都道府県で初!義務教育から「政治的教養」を育む 2017年3月29日、神奈川県教育委員会は「小・中学校における政治的教養を育む教育」指導資料を公表しました。 この指導資料は、神奈川県が2017年4月から県内の公立小学 …

【18歳選挙権×東京都議選】18歳投票率、参院選では東京都が全国1位だったが、都知事選は9%減

18歳投票率、都内では参院選が60.5%、都知事選は51.8% 東京都選挙管理委員会が、東京都民による年代別の推定投票率を明らかにしました。 これまでも高橋亮平(元中央大学特任准教授・元市川市議・元市川市長候補)コラムで …

西野偉彦副代表理事が読売新聞などで取り上げられました

副代表理事の西野偉彦が、神奈川県教育委員会が設置した「小・中学校における政治的教養を育む教育」検討会議の委員を委嘱され、座長に就任しました。5月27日の第一回会議について、新聞・テレビ各社で報道されました。 県教委 小中 …

PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人Rights All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.