18歳選挙権を実現 さらに若者が活躍する社会へ
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • ドイツ

タグ : ドイツ

副教材では不十分。自治体と教育現場が組んで実際の政策やまちづくりへの参画プログラムを創れ!<高橋亮平>

主権者教育の副教材と教員用指導資料 2016年夏の参院選から「18歳選挙権」が実施されるのに合わせ、文科省と総務省が9月29日、高校生が政治や選挙の仕組みを学ぶための副教材と教員用指導資料を公表した。 この副教材等につい …

安保法制をめぐる国会審議から考える、日本の民主主義と政治教育<高橋亮平>

安保法案が衆院通過、この間の国会審議から民主主義を考えよう 今国会の最大の焦点である安全保障関連法案が7月16日、衆院本会議で採決され、自民、公明、次世代各党などの賛成多数で可決、参院に送付された。 参院が60日間議決し …

3月5日法案提出! 2016年からの「18歳選挙権」を日本の「民主主義2.0」へのスタートに<高橋亮平>

2016年夏の参院選から「18歳選挙権」実現へ 政治とカネの問題など、政局によって遅れてしまっていたが、いよいよ本日3月5日に「18歳選挙権」実現へ、公選法改正法案が自民、民主、維新、公明、次世代、生活の与野党6党などの …

「世界で最も若者の声を聞かない国」も来年からは新成人だけでなく18歳から選挙権の新時代に<高橋亮平>

昨年から中央大学で特任准教授となり、大学でアクティブラーニングのプログラムとして、民間企業からのミッションを解決するビジネスプロジェクトという授業などを体験している。 この国の経済をはじめとした成長戦略を考えれば、次の時 …

ドイツスタディツアー報告書&動画を公開中

私たちは2010年のスウェーデンと2011年の英国につづき、2014年8月31日(日)~9月7日(日)にドイツの政治教育や若者政策の先進的な実践事例を調査・研究するスタディツアーを実施し、連邦政治教育センター、生徒会支援 …

ニュース第28号発行

ニュース第28号を発行しました。 欧州における選挙権18才から16歳への引き下げ/1 18歳選挙権実現は厳しい情勢-通常国会での国民投票法改正案提出を前に-/5 ドイツスタディツアー参加者募集!!-事前学習会のご案内-/ …

【案内】国会学習会

「欧州における選挙権18歳から16歳への引き下げ -日本はさらに世界から遅れる-」  日本では、国民投票法で約束された2010年の18歳選挙権が見送られています。 世論の関心が高まらなければ、実現までに長期間を必要とする …

【報告】ドイツ連続学習会<vol.2>

わかもの参画社会 日本が学ぶべきは“ドイツ”だった!    11月7日(水)に6名の参加をえて実施しました。ドイツの政治教育について近藤孝弘さん(早稲田大学教授)の講演を受けて、参加者が質疑応答・意見交換しました。

【報告】ドイツ連続学習会<vol.1>

わかもの参画社会 日本が学ぶべきは“ドイツ”だった!    10月16日(火)に13名の参加をえて実施しました。ドイツの子ども・若者参画について木下勇さん(千葉大学教授)の講演を受けて、参加者が質疑応答・意見交換しました …

« 1 2
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人Rights All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.