2016年7月の参議院選挙で注目された18歳の投票率ですが、今年に入っての地方選挙においても18歳が健闘しています。
1月29日に実施された岐阜県知事選挙では、全体投票率36.39%に対して、18歳の投票率は35.45%、19歳は20.30%でした。
また、同日行われた唐津市長選・市議会議員選では、全体投票率63.33%に対して、18歳の投票率は56.02%で参院選から10.47ポイントアップ、19歳は唐津市は35.91%で0.18ポイントの微減となりました。
同日の白石町議会議員選挙でも全体投票率74.58%に対して、18歳の投票率は70.04%で16.83ポイントの大幅増、19歳も40.98%で2.29ポイント増えました。
地方自治は、若者に取ってもより生活に密接に関わった課題がテーマであり、国政選挙は勿論ですが、こうした地方選挙においてどう若者の興味や共感を生んでいくかは重要な課題になってくると言えます。

 

NPO法人Rights
代表理事 高橋亮平

 

<参考>

知事選 投票率、18歳35.45% 19歳20%「県外組戻らず」 /岐阜
(毎日新聞地方版 2017年2月19日)
http://mainichi.jp/articles/20170219/ddl/k21/010/068000c
はじめの1票 18、19歳の投票率アップ
唐津(市長・市議選)46% 白石(町議選)55%
(佐賀新聞 2017年3月3日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/410786

この記事の投稿者

高橋 亮平
高橋 亮平NPO法人Rights代表理事
1976年生まれ。明治大学理工学部卒。一般社団法人生徒会活動支援協会理事長、千葉市こども若者参画・生徒会活性化アドバイザーなども務める。