~ブックレット『16歳選挙権の実現を!』を読みながら~
061223_0004.jpg
 2002年に刊行したブックレット『16歳選挙権の実現を!』(現代人文社)を読みながら選挙権・被選挙権年齢引き下げの論点を再び整理するためのサロンを12月23日(土・祝)に行いました。菅源太郎などブックレット執筆メンバーを講師に、選挙権・被選挙権の法的性格、引き下げが必要な理由、海外の動向、Rightsの考え方、最新の情勢について学習と意見交換をしました。今回のサロンでロビー活動に役立つ理論構築ができたと思います。

この記事の投稿者

Rights
Rights
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。

現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。