3月28日に実施したところ69名と過去最高の参加者を記録しました。年齢・学年も小学校3年生から中学生、高校生、大学生と幅広く、兄弟姉妹での参加も目立ちました。なかには北海道や山形県からの参加もありました。
 午後に行った国会議員・秘書との意見交換会には、超党派の国会議員が参加され、テレビでおなじみの有名な議員の参加もあり、参加者はもちろんのこと主催者もうれしい限りでした。
 また、朝日新聞3月29日朝刊、ライブドアニュースで紹介されました。

この記事の投稿者

Rights
Rights
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。

現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。