━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   NPO法人Rightsメールマガジン 第34号 2014年2月1日
          http://www.rights.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
1.ドイツスタディツアー参加者募集!!
-事前学習会のご案内-
2.英国スタディツアー報告書完全版を公開
3.【報告】国会学習会
欧州における選挙権18歳から16歳への引き下げ
-日本はさらに世界から遅れる-
1.【転送歓迎】
ドイツスタディツアー参加者募集!!
-事前学習会のご案内-
<第1回>EUの若者政策
講師:小串聡彦さん(NPO法人Rights理事)
http://toshihiko-ogushi.com/
日時:2月15日(土)13:30~15:00 ※終了後に説明会
<第2回>ドイツの政治教育
講師:近藤孝弘さん(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
日時:3月9日(日)13:30~15:00 ※終了後に説明会
※3月下旬に第3回(ドイツ概論)を予定しています。
<共通>
場所:TKP信濃町ビジネスセンター・カンファレンスルーム4
(JR信濃町駅そば/トーシン信濃町駅前ビル5F/03-5217-5577)
http://tkpshinanomachi.net/access.shtml
参加費:500円(資料・会場費)
<お申し込み>
 希望する回、お名前(ふりがな)、職業・所属、TEL、E-Mailを
ご記入のうえ、メールでお申し込みください。当日参加も可能です。
http://www.rights.or.jp/mail_form.html
 Rightsでは、子ども・若者の社会参加・政治参加を進めるために、選挙権年
齢の引き下げや政治教育の充実を掲げて活動を進めてきました。2007年に成立
した国民投票法において、選挙権年齢の引き下げが盛り込まれ、子ども・若者
の社会参加・政治参加を進める上で大きな前進となりました。しかしその後、
選挙権年齢引き下げへの動きは停滞を続け、事実上の先送りがなされる可能性
が高くなっております。しかしながら、子ども・若者の社会参加・政治参加の
必要性は減じるところが、ますます重要性が高まっており、具体的な取り組み
を重ねていくことが必要だと考えております。
 Rightsではこうした問題意識から、2010年にはスウェーデン、2011年には英
国を訪問し、子ども・若者の参画に関する先進事例を視察しました(※)。ス
ウェーデンでは、若者政策法に基づいて国に青年事業庁が設置され、若者政策
全般を横断的にチェックする強力な体制が敷かれており、「民主主義を体感」
できる多様な参画の仕組みが構築されています。英国でも2002年にシティズン
シップ教育が導入され、若者の政治参加を進める取り組みが進んでいます。
 私たちはさらに知見を深めるため、ドイツへのスタディツアーを実施します。
ドイツでは連邦に政治教育センターが設置され、政治教育に積極的に取り組ん
でいます。また、大規模なジュニア選挙(模擬選挙)の実施や、政党財団によ
る子ども向けの政治教育の情報提供なども行われています。今回の視察によっ
て、ドイツにおける若者参画政策の現状・事例を行政・民間の両面から調査研
究することで、日本への示唆を得たいと考えています。
 ついては趣旨をご理解のうえご参加いただきたく、よろしくお願い申し上げ
ます。ご不明な点はご連絡ください。あわせてドイツの若者参画政策に詳しい
専門家による3回の事前学習会およびスタディツアーの具体的な内容を検討す
る説明会を下記のように実施します。スタディツアー参加の有無に関係なくご
参加いただけると幸いです。
(※)スウェーデン視察の詳細は下記参照。
http://www.rights.or.jp/archives/2010/05/youth100509.html
(※)英国視察の詳細は下記参照。
http://www.rights.or.jp/archives/2011/09/youth110925.html
2.英国スタディツアー報告書完全版を公開
 英国スタディツアー報告書はダイジェスト版を公開してきましたが、さらに
多くの方々と共有するため、このたび完全版を公開しました。
 スウェーデンと英国それぞれのスタディツアー報告書を頒布しています。
http://www.rights.or.jp/archives/2011/09/youth110925.html
3.【報告】国会学習会
欧州における選挙権18歳から16歳への引き下げ
-日本はさらに世界から遅れる-
 1月10日(金)に高校生・大学生を中心に46名の参加をえて実施しました。
「欧州における選挙権18歳から16歳への引き下げ」について両角達平副代表理
事と小串聡彦理事の報告を受けて、参加者が活発に質疑応答しました。レジュ
メを公開したのでご参照ください。
http://www.rights.or.jp/archives/2014/01/vote140110.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集 特定非営利活動法人Rights
随時更新中 http://www.rights.or.jp/
ご感想・ご意見 http://www.rights.or.jp/mail_form.html
 このメルマガは、名刺交換やイベント参加などを通じて、Rightsがメールア
ドレスを知った方に送付しています。Rightsからの最新ニュースやイベント案
内を受け取ることができます(受信のみで、登録者全員に返信することはでき
ません)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C)特定非営利活動法人Rights

この記事の投稿者

Rights
Rights

NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。


現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。