欧州における選挙権18歳から16歳への引き下げ
-日本はさらに世界から遅れる-
140110_0007x.jpg 140110_0009x.jpg
 1月10日(金)に高校生・大学生を中心に46名の参加をえて実施しました。「欧州における選挙権18歳から16歳への引き下げ」について両角達平副代表理事と小串聡彦理事の報告を受けて、参加者が活発に質疑応答しました。
両角達平・小串聡彦「欧州における選挙権18歳から16歳への引き下げの動向」

この記事の投稿者

Rights 編集部
Rights 編集部NPO法人
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。
現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。