10月開会予定の臨時国会にむけた国民投票法の改正議論に対応して、高橋代表理事ら4名が9月4日(水)に、衆参両院の憲法審査会幹事をはじめ委員に、18歳選挙権の18歳成年に先行した改正を求めて要望しました。
18歳選挙権の18歳成年に先行した改正を求める要望書