(2000年12月19日)
001219_0003x.jpg 001219_0004x.jpg
 今回のゲストは、「社会を変えたい」という思いをNPOに託し、現在学生NPOのIFN(Intermediary For NPO)代表を務める高井彩さんと、同じ思いから、自分で起業するという行動に出た、㈱エグゼコミュニケーションズ代表取締役を務める四宮玄介さんのお二人でした。議論の内容は多岐にわたりましたが、今回のゲストがNPOと企業という異なった形態の組織に属する立場のお二人だった為に、NPOと企業の違いは何か、それぞれに必要とされていることは何か、といった議論に最も時間が割かれました。
 企業はお金、NPOは志、といったイメージがあるが、実際には最近では企業がNPO的な活動をしているし、その逆もありえる。NPOも企業も人間が作ったカテゴリーにすぎないのだから、組織として評価するのではなく、どちらも、もっと個人を評価しなければならないのではないか、と、すでに「企業」「NPO」と、組織でくくる時代は終わり、個人個人が社会でどう生き方がしたいかを考える必要があるのだということを主張する声があがりました。

この記事の投稿者

Rights
Rights
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。

現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。