━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   NPO法人Rightsメールマガジン 第28号 2011年11月1日
          http://www.rights.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【直前案内】Rights英国スタディツアー報告会【転送歓迎】
-英国から考える日本の“子ども・若者政策”-
国際交流基金知的交流会議助成プログラム
人材育成グラント助成事業
【内容】
1.スタディツアー報告
両角達平(NPO法人Rights理事、
内閣府子ども・若者育成支援推進点検・評価会議構成員)
2.コメント 宮本みち子さん(放送大学教養学部教授)
3.ワークショップ
【日時】11月5日(土)14:00~17:00(受付開始13:30)
【場所】武蔵野プレイス4階フォーラム
JR中央線武蔵境駅南口徒歩1分/
TEL:0422-30-1905/武蔵野市境南町2-3-18
地図 http://www.musashino.or.jp/place/_1205.html
【参加費】1,000円(18歳未満無料)
 選挙権や成人の年齢引き下げがすすまないなか、昨年7月に決定された
子ども・若者ビジョンは、意見表明機会の確保やシティズンシップ教育の
推進を明記し、今年7月に設置された内閣府の子ども・若者育成支援推進
点検・評価会議の構成員にはRights理事が就任しました。ようやく日本でも
子ども・若者政策を推進する枠組みづくりと当事者参画が始まりましたが、
具体的な施策は今後の取り組みにかかっています。
 私たちはこうした問題意識から昨年のスウェーデン※につづき、9月17日
(土)~25日(日)に英国へのスタディツアーを実施し、シティズンシップ
財団、イギリス若者国会、ユースワーク支援団体をはじめ、政党、学校、
ユースセンターなどを訪問しました。
 そこで、スタディツアーでえた英国の子ども・若者政策やシティズン
シップ教育の現状と課題を共有し、一方通行でない参加型のワークショップを
つうじて、皆さんの問題意識を点検・評価会議など日本における政策推進に
反映させるための報告会を企画しました。
 ぜひお誘いあわせのうえご参加ください。
http://www.rights.or.jp/archives/2011/09/youth110916.html
※スウェーデン視察については下記参照。
http://www.rights.or.jp/archives/2010/11/youth101114.html
<お申し込み>
 お名前(ふりがな)、職業・所属、TEL、E-Mailをご記入のうえ、
下記からお申し込みください。当日参加も可能です。
http://www.rights.or.jp/mail_form.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集 特定非営利活動法人Rights
随時更新中 http://www.rights.or.jp/
ご感想・ご意見 http://www.rights.or.jp/mail_form.html
 このメルマガは、ご自身で登録された方や、名刺交換やイベント参加などを通じて、
Rightsがメールアドレスを知った方に送付しています。
 このメルマガに登録すると、Rightsからの最新ニュースやイベント案内を月1回程度
受け取ることができます(受信のみで、登録者全員に返信することはできません)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(C)特定非営利活動法人Rights

この記事の投稿者

Rights
Rights
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。

現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。