イギリス・スタディツアーを実施

私たちは2011年9月17日(土)~25日(日)に、スウェーデンにつづいて英国の子ども・若者政策とシティズンシップ教育の先進的な実践事例を調査・研究するスタディツアーを実施し、シティズンシップ財団、若者国会、ユースワーク支援団体や、政党、学校、ユースセンターなどを訪問しました。この事業は、国際交流基金知的交流会議助成プログラム人材育成グラントより助成を受け実施されました。

訪問先・人物

ニューホライズンユースセンター (New Horizon Youth Centre)
全国若者協議会 (National Youth Agency)
クレアモント高校 (Claremont High School)

イギリス若者国会 (UK Youth Parliament)
シティズンシップ財団 (Citizenship Foundation)
ディビット・カー (David Car)
ハロークラブ (Harrow Club)
全国学生連合 (National Union of Student)
保守党青年部(Conservative Future)
ユーザーボイス (Uservoice)

 

報告書

報告書は以下からダウンロード可能です。ダイジェスト版と、完全版を用意しました。

英国スタディツアー報告書 (ダイジェスト版)

英国スタディツアー報告書(完全版)

 

動画

以下は、イギリス・スタディツアーを紹介した動画になります。

紙媒体でのご購入につきましては下記より直接ご連絡ください。

この記事の投稿者

Rights 編集部
Rights 編集部NPO法人
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。
現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。