本シリーズは、NPO法人Rightsを代表し、2017年にドイツ連邦外務省が実施した「ドイツの政治教育」に関する招聘視察に参加したメンバーの土肥がその記録をまとめたものです。

ドイツは独裁政権の経験を経て、民主主義体制を覆す自由を認めない「戦う民主主義」を国の理念としてきました。とりわけ世界的に先進的とされているのが「政治教育」です。また、学校内のみならず、学校外の多様な主体が政治教育に関わっており、多面的重層的実践がドイツ国内で展開しています。日本においても2015年に選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正があり、子ども・若者の政治教育(主権者教育)が大きなテーマになっています。ドイツの長い実践は、日本にとって大きな示唆があると考えています。なお、NPO法人Rightsでは2014年にドイツスタディツアーを実施しており、その際にも「ドイツの子ども・若者参画のいま」という報告書を発行しています。

今回は、議会制民主主義を体験するプログラムを提供している、ドイツ連邦議会事務局からのヒアリングメモを紹介します。

先方:ハンス=ヘンナー・ベッカー(若者事業担当)

連邦議会事務局として、議会制民主主義を体験するプログラムを提供している。今日は連邦議会が提供しているプログラムについて年齢グループ別に紹介していきたい。

Kids Day

年間に5日間開催しており、5歳から14歳くらいまでのを対象にしている。連邦議会を案内するプログラム。実際に児童の案内を行うのは、フリーランスで連邦議会のために仕事をしている人で、フリーランスワーカーは40名いる。こうしたプログラムだけでなく、ビジターサービスの運用に携わる役割を果たしている。このプログラムには、保育園児も来ており、その保育園では事前に選挙を行なって、代表を選ぶプロセスを経験していた。5日間とは言ったが、個別に連絡をもらえれば議会案内ができる。

ドイツの連邦議会を発見

7年生~10年生を対象にしたプログラム。7-8年生と9-10年生で分けて、実施している。7-8年生は、議事堂内を案内する、連邦議会の議員のオフィスを案内する、クイズを出す。9-10年生  クイズから入る、連邦議会に来る前にレターを学校に送る、その学校の授業で事前に学んでもらう、議員との対話(学校のある選挙区から選ばれている議員を尋ねる)

連邦議会では、このプログラムははじめたばかり。学校からの反響は非常に良い。

法案審議模擬シュミレーションプログラム

10年生-13年生あるいは大学生を対象にしたプログラム。2015年から実施している。来てもらった青少年に議員になってもらう。連邦議会の議事規定にのっとってロールプレイをしてもらう。議員のプロフィールを作って、その割り当てられたプロフィールに添って、ロールプレイをする。実際の法案のテーマについてはそのグループの関心に合わせて、議会事務局で作成している。例えば、「紙のコーヒーカップを禁じるべきか」などの簡単なテーマから、「仮想のヨーロッパの国をEUに入れるかどうか」など高度なものまである。

法案審議のプロセスとしては、生徒たちを3つの委員内会派を設定する。自分たちで選べるわけではなく、ランダムに割り当てられる。保守党、社会民主系の党、環境に関する党の3つに分けている。社会にありがちな政党を使って、シュミレーションを行なっている。会派のサイズは同じくらいにする。シュミレーションをやるには、最低25人、最大60人程度が必要になる。このシュミレーションの後に、本物の議員との対話もしている。

通年月曜と火曜にこのプログラムは行われているが、今年の月火は仮予約も含めて予定が埋まってしまっている。オンラインで申請があり、毎日最低1件はどこかの学校から問い合わせが来る。連邦議員が自分の地域の学校を招待することもできる。このプログラムは、参加費は無料で、昼食も無料。かかるのは交通費のみになっている。クラス単位や学校からでなくても応募できるようになっているが、基本的には学校が多くなっている。

そのシュミレーションの後に議員と対話をし、自分たちが実施したことがいかに現実と近いかを聞いたりする。

連邦議会のプロジェクト「青少年と議会」 

30年間やっているプログラム。法案審議のプログラムをより大規模で実施するプログラムで、年に1回、6月の最後の週に開催する。350人の青少年が議員として参加する。青少年議員は、連邦議会の議員が各地域の青少年を招待をする。350の政治家のプロフィールを用意し、それを青少年に割り当てて実施される。4日間実施されるプログラムで、ベルリンのホステルに宿泊してもらう。

青少年の選択基準は基本的に議員に任せている。連邦議会の議員の半数が青少年を招待することができる。それぞれの選挙区から招待するので地域性が多様になる。公募にするとベルリン周辺の青少年ばかりになる危険性があるため、このような方法を取っている。また、議員にお願いすることで連邦議会で取り組むプロジェクトになる。事務局だけでなく、議員もコミットすることが重要になっている。議員と青少年の対話も促すことができる。

参加している青少年は、実際に蓋を開けて見ると、政治的に活発な青少年もいれば、そうでない子もいる。というのは、青少年の公募方法が議員によって異なっており、直接招待する青少年を見つける議員もいるが、地方紙に広告を出して招待する議員もいる。審議テーマは、4つの法案が審議される。例えば、昨年のテーマのひとつは「移民の包摂」であった。審議・採決の流れはドイツ連邦議会の、本物の議長・副議長が務めている。

政治教育的な目的があってこういったプログラムを行なっている。参加する青少年が自分達の思想信条に近い役割で議論をするのではなく、与えられた役割で議論することが重要である。意識的な形で議会制民主主義の運用を学んでもらうことができる。生徒たちの政治的な知識、議会運用に関する知識は低いが、ロールプレイに参加することで、迫真の演技をする人が多い。例えば、左派党の議員から推薦されたリベラル思想な青少年が保守政党のプロフィールを与えられた。女性政策の在り方を保守色極まる発言をして、説得力があった。それで笑いが起こることもあった。

この模擬議会のあとに、青少年たちと実際の院内会派のトップが集まり、毎回振り返りを行う。そのなかで、自分たちが経験したことが本物に近いのか?を確認することになる。例えば、院内会派同士の交渉、院内会派内のセレクション、院内会派の委員会の選出もシュミレーションで行うので、実際はどうなっているのか?を聞く時間になっている。連邦議事堂のテレビ局がこの様子を中継する。

連邦議会には訪問者サービス部局あり、連邦議会には毎年300万人のビジターがいる。青少年を迎えるものはビジターサービスの一環である。ビジターサービスに取り組む根拠は、連邦基本法の議会制民主主義への参画という意味がある。参画を進めていくために情報提供をしていくことが必出になってくる。そのためには2つの方法があり、1:案内をする・プログラムに参加してもらう、2:移動式議事堂でインフォメーションを提供する、である。

連邦議会の最重要な役割は、政治教育とは異なるが、議事堂の活動を国民に知らせていく責務がある。人々が議事堂を理解すれば、より議会選民主主義が高まると考えている。ただ審議を見ていても、実際に参加したことがなければよくわからない。そのために政治教育プログラムを実施している。このプログラムに参加した人のなかから、2人が実際の議員になった。

州議会でもシュミレーションプログラム。連邦参議院もこのプログラムを持っている。必ずしも連邦議会と同じやり方とは限らない。青少年議会として実施している地域もある。連邦議会が他に行なっているプロジェクトのひとつに、1/27にアウシュビッツ強制収容所を訪問するというものがある。1998年から実施している。ドイツ国内だけでなく様々な国から、ボランティアとして行なってもらう。ホロコーストを生き延びた人などに登壇してもらい、様々なテーマでスピーチをしてもらうイベントも開催している。今年のテーマは「優生思想」だった。ザクセン州のティルナで開催し、大統領も参加、青少年がディスカッションをする。

この記事の投稿者

Rights
Rights
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。

現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。