未成年に投票権を保障した住民投票条例を制定した自治体は2006年2月現在で把握できただけで自治基本条例や住民参加条例を含めて144に上っています。投票権の基準が年齢から学年へと徐々に変化したことが特徴です。
未成年住民投票条例一覧表 ※使用する場合は引用を明記してください。