2008年度の関西学院大学商学部AO入試の素材として、小林庸平理事の毎日新聞インタビュー記事が使用されました。選挙権・成人年齢引き下げについて賛否を要約して自らの意見を述べる問題だったようです。受験生は未成年が多いので、どんな答案が集まったか興味深いです。

この記事の投稿者

Rights
Rights
NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。

現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。