21世紀臨調と超党派の国会議員有志でつくる国民主役の新しい公職選挙法を考える会は、6月4日(月)に国民主役の新しい公職選挙法を考える第1回シンポジウムを行い、第2回討論で「18歳選挙権の実現に向けて」として国会議員などが議論しました。あわせてシンポジウムで「18歳選挙権の早期実現を求める緊急提言」が公表されました。シンポジウムの模様は「映像で見る21世紀臨調」で動画をご覧になれます。

この記事の投稿者

Rights
Rights

NPO法人Rightsは、「未来を長く生きる若者は未来の決定により大きな責任を」との思いから、選挙権・被選挙権年齢の引き下げと政治教育の充実を2つの柱に、2000年から若者の政治参加をめざし活動してきました。


現在は、政治教育や若者政策の提言、政治家への働きかけに加え、自治体における若者参画プログラムの拡充、学生・若者団体への支援・助言などの活動を行っています。