21世紀臨調と超党派の国会議員有志でつくる国民主役の新しい公職選挙法を考える会は、6月4日(月)に国民主役の新しい公職選挙法を考える第1回シンポジウムを行い、第2回討論で「18歳選挙権の実現に向けて」として国会議員などが議論しました。あわせてシンポジウムで「18歳選挙権の早期実現を求める緊急提言」が公表されました。シンポジウムの模様は「映像で見る21世紀臨調」で動画をご覧になれます。